myweb006017.gif
@天井に直接取り付ける場合
B カベなどのコンセントから電源を取る場合

 コードを長くして天井からハテナ(?)フックなどで
 ランプをぶら下げます。
 (コンセントに直接ランプの重みがかからないようにします)
 (コードの途中にスイッチを付けると便利です。
 ※スライドスイッチ510円)
⇒注意事項はこちらをご覧下さい
器具について
取り付け方法について
welcome to LAMP LAMP
 nous faisons votre vie agreable avec lampe agrable
txt_b06_home.gif
about set up
ランプ器具と取り付けについて
myweb006016.jpg
☆ アンティークなどのガラスシェードを取り付けたいかたは
  右写真をクリックして「ギャラリーについて」をお読みください。⇒
「ギャラリーについて」
写真@〜Dの
天井への取り付け
方法はこちらを
ご覧下さい→GO!
myweb006015.jpg
myweb006014.jpg
myweb006013.jpg
Aライティングレールに取り付ける場合
取り付け前
取り付け後
標準設定
myweb006012.jpg
myweb006011.jpg
myweb006010.jpg
取り付け後
チェーンタイプ
myweb006009.jpg
カバー無しの取り付け
ライティングレールへの取り付けは、アダプター(写真右)を使用して取り付けします。簡単に取り付け取り外しができ、レール上での移動もいつでも行えます。
※アダプターは596円/1個で販売しています(白)。上の写真は薄い茶色です。
耳付き
myweb006008.gif
myweb006007.gif
myweb006006.gif
50p
myweb006005.gif
標準設定 (左写真)
・当店のソケットはLED電球や電球型蛍光灯が使用できます。
・ソケットコードの長さの設定は左の画像の通りで50pの
 場合コードが見える部分は約42pです。
・コードは布巻きツイストコード(茶、白、黒、アイボリー)
・天井取り付け部分は通常引っ掛けシーリングです。
  (ベージュ、ミルキ-ホワイトもあります)
・右写真のローゼットへの取り付けが可能です
仕様変更可能な箇所
(下記の変更をする場合は、ご注文時に備考欄にてお知らせ下さい)
・コードの長さを短くする。(無料)
 (最短10p。この場合コードの見える部分は2〜3p。
・コードの長さを長くする。¥100/10cmです。(1p単位で変更可)
  コード長さは左の写真の箇所を基準に設定しております。
・差し込みをコンセントへ変更する(無料)
・引っ掛けシーリングの色を変更する(無料)
・コードの途中にスライドスイッチを付ける。(¥510プラスチック製)
・電球を25Wか40Wへ変更(無料)・60Wへの変更は150円。
・布巻きツイストコードの色を変更する。(無料)
・チェーン付きコードの長さを短くする場合。(無料) 
・チェーン付きコードの長さを長くする場合は、¥288/10cmです。
 
・直付けフランジへの変更。     →以降は次のページに掲載
・ショートペンダント+直付けフランジへの変更。
・ショートペンダントへの変更。
・シーリングカバーの取り付け。
・フランジカバーの取り付け。
codedisc.jpg
ランプの全長はA+Bの長さになります。

ランプの全長を50cmに設定する場合はシェードの長さが13cm(キットのCシリーズ)の場合
ソケットコード長さを50cm-13cmの37cmに設定します。

また、長さを決定する際は天井に取り付けられている器具(左図C)の長さ(厚み)も考慮してください。
ペンダントランプは小ぶりで一灯(光源がひとつ)です、明かりもせいぜい40W程度(標準設定のE17ソケットは最高60W)です。複数のランプをうまく組み合わせればキッチン、リビングなどにも取り付けることができますが、単体で取り付ける場所としては、お部屋のコーナー、テーブルの上、作業場所の上、玄関、トイレ、階段、などがあります。

 明るさについては、最高60Wまで(標準設定,E17の場合)の電球が使用できますが目安としては25Wか40Wの明るさがお勧めです。強い明かりではそのランプの持つきれいな質感、色合いが表現されないからです。
 お部屋のコーナーなどに設置して明るさよりもインテリアの面でランプを使用する場合はさらに暗めの10W〜15Wが良いと思われます。
 また、玄関やトイレで明るさを必要とする場合は40W〜60Wと考えておきましょう。


 吊り下げの長さについては、好みにより長め、短めとあると思いますが周りの状況(取り付ける場所)なども考慮しなくてなりません。
 人が通る場所であれば、もちろん頭にぶつかるような長さでは取り付けできません。逆にお部屋のコーナーやカウンターの上などで人が通らないよう様な場所では低く吊るしてコーナーの明るさを得ることもできます。
 具体的な長さとしては、人の通る場所であれば天井の高さから190cm〜200cmを差し引いた長さが良いでしょう。
天井の高さが240cmの場合は240cm−190cmで50cmです。
テーブルの上に取り付ける場合はテーブル面から60〜80cmが良いでしょう。
また、ソケットコードとランプシェードのサイズの測り方は次の図を参考にして下さい。
◎明るさと吊り下げ長さ、ランプの組み合わせについて
set up tips
ランプを設置するためのアドバイス
C
B
A
複数のランプを使用してキッチンやリビングでペンダントランプを使う場合などは、他のランプとうまく組み合わせる必要があります。(ダウンライトとフロアーランプは当店では取扱いしておりません)

例えば、
@ダウンライト(天井に埋め込まれている照明)こちらは工事が大変ですが場所も取らずお部屋もシンプルに仕 上がります。(新築、リフォームの際に取り付けをお勧めします)

Aウォールランプの場合は通常工事が必要です。取り付けさえ終えればシェードの取替えなども簡単にできますのでお勧めです。
 (当店では電気工事が必要ないウォールランプ「フルセット」も販売しております)

Bデスクランプやフロアーランプの場合は工事は必要ありませんが設置するのに少々場所をとります。

Cスポットライト。こちらはライティングレールさえあれば比較的、抵抗コストで簡単に取り付けできます。

ライティングレールというものは複数のランプを天井に取り付けるのに適しています。これを使用すればランプ自体はワンタッチで取り付け取り外しが行えますし、レールに沿ってであればいつでも移動が出来ます。よく雑誌などでキッチンのカウンターに沿ってペンダントランプが3つくらい並んで取り付けてあるのを見ますが、そんな取り付けもレールを使用すると間単にできます。ただ、レール自体を取り付ける作業は通常、工事が必要です。レール自体をワンタッチで取り付けるものやレールに向けてリモコンで照明の操作ができるものもあります。詳しいことは大きな電気店へ問い合わせると良いでしょう。
天井への取り付け方法はこちらをご覧下さい→GO!
myweb006004.gif
myweb006003.jpg
ワット数とお部屋の広さの表をご参照下さい
myweb006002.jpg
myweb006001.gif
埋込
耳付き